HAKEN KENPO

HAKEN KENPO

はけんけんぽのデータヘルス

●データヘルス計画とは

健康診断や医療データ(レセプト)の分析に基いて実施する事業をデータヘルスといいます。厚生労働省は平成27年度からすべての健康保険組合に、データヘルスの計画策定と実施を求めています。
これまでは40歳以上の肥満の方を対象にメタボリックシンドロームの予防や改善を目的とした『特定保健指導』をおこなっておりましたが、はけんけんぽでは肥満の方が少ないにもかかわらず、生活習慣病にかかる医療費が年々増加していることから、平成24年度下期より健康診断や医療データを分析して、脳梗塞や心筋梗塞などを発症するリスクが高い方を抽出し、リスクに応じた保健指導を行う「生活習慣病の発症・重症化予防事業」を実施しています。

はけんけんぽがおこなっている"生活習慣病の発症予防と重症化予防対策"とは?

これまでの『特定保健指導』に加え、はけんけんぽは2013年から、独自の"生活習慣病の発症予防と重症化予防対策"をおこなっています。
  対象者 指導の方法 指導をおこなう場所
特定保健指導
  • 40歳以上
  • 肥満
    (服薬治療中の方は除く)
  • 面談
  • 6ヶ月の継続指導
  • スポーツクラブ
  • 健診機関
  • 自宅
  • 勤務先
はけんけんぽ独自の保健指導
  • 35歳以上
  • 非肥満も含む
    (服薬治療中の方も含む※1)
  • はけんけんぽに2年以上在籍
  • 健診結果と生活習慣アドバイスの通知※2
  • 平日夜間および土曜日に電話でのアドバイス
  • ※1.病院で服薬治療を受けている場合でも、健康診断の結果が思わしくない方については、食生活や生活習慣のアドバイスをおこなうことで重症化予防のお手伝いをしています。
  • ※2.通知(例)

はけんけんぽ独自の保健指導のポイント

  • (1) 健診結果に懸念点がある場合、肥満ではない方服薬治療中の方にもご案内を差し上げています
    • ⇒まだメタボではない方も病院で治療中の方も、今後の食生活や生活習慣に関する悩みにお答えします。普段お医者さんに聞きづらいことなどもこの機会にぜひご相談ください。
  • (2) 保健指導は電話で行います
    • ⇒面談が必要な自宅訪問型やスポーツクラブに出向く「特定保健指導」と異なり、電話での指導となります。
      平日夜間および土曜日を中心におこなっているため、忙しい方も受けていただけます。
  • (3) 費用は無料です!
    • ⇒費用は、はけんけんぽが負担しますので、特定保健指導と同様に無料です。

健診結果を放置しておくと、こんなことに…

健康診断の結果が届いた後、治療を受けることなく過ごされていて、突然病気を発症してしまったというケースをご紹介します。

50代男性 Aさん
身長 175cm
体重 60kg (BMI20 やせ型)
腹囲 78cm
血圧 158/110

  • ※数年前から高血圧および肝機能の値についての指摘があった。

放置した結果、突然『脳卒中』を発症してしまいました。
入院治療するも、日常生活にも支障をきたすことに。。

年間医療費総額
約600万円(リハビリ含む)

  • ※保健指導に従って、早めに病院で高血圧の治療を受けた場合、
    見込まれる年間医療費は20万円程度。

はけんけんぽの保健指導は、お電話でアドバイスが受けられます

派遣スタッフとして働いていらっしゃる方でも保健指導が受けやすいよう、お電話でのご連絡は土曜日や平日の夜間におこなっています。

保健指導を受けた方からのご意見、ご感想

○血圧高めでお酒を毎日飲んでいるが、定期的に運動している(40代男性)

「以前血圧が高くて病院に行ったときに薬は必要ないと言われたので、それ以来病院に行っていませんでした。でも、健康診断で測るたびに高くなっているので、病院に行こうと思います。」

○健康診断で肝機能の数値が高かった(50代男性)

「仕事が忙しく、食事に気を遣っていなかったら、いつの間にか脂肪肝になっていたようです。今回のような数値だと病院で治療を受けた方がいいんですね。早めに治療を受けて、これ以上悪化しないようにしたいと思います。勤務時間外に電話で指導が受けられるので、本当に助かりました。」

○HbA1cが高めだが、体調が良かったため放置していた(40代女性)

「お電話いただいたおかげで、検査結果の意味がわかりました。今まで自覚症状がないからと思っていましたが、治療しないと糖尿病が悪化することがあるとわかったので、病院に行きます。」

○LDLコレステロールが高めで喫煙習慣がある(50代女性)

「これまでは時間がなくて、病院に行けませんでしたが、この数値だと行かないといけないですね。タバコもやめたいと思いつつやめられなかったけど、病院で相談してみるといいんですね。」

年に1度の健康診断は、皆様の生活習慣を見直すチャンスでもあります。放っておいて重大な病気になってしまった場合、高額の医療費がかかりますし、元の体を取り戻すのはとても大変なことです。
ご家族の皆さんが笑顔で健康に過ごせますよう、はけんけんぽが健康づくりをサポートします。この機会にぜひご利用ください。

厚労省のホームページに、先行事例として紹介

はけんけんぽの取り組みが総合健康保険組合として実施した「データヘルス計画の先行事例」として厚労省のホームページに紹介されています。  加入者の皆さまに、ご覧いただけましたら幸いです。

厚生労働省ホームページ(はけんけんぽは事例15)

被用者保険におけるデータ分析に基づく保健事業事例集(データヘルス事例集)

はけんけんぽのデータヘルス計画

はけんけんぽのデータヘルス計画書

ページ先頭へ戻る

お役立ち情報