HAKEN KENPO

HAKEN KENPO

医療費が高額になったとき

医療費の自己負担には「限度額」があり、一定の基準に基づいて計算した自己負担額が限度額を超えた場合、超えた額が「高額療養費」として支給されます。

高額な医療費を支払ったとき

必要書類

【けがで申請する場合のみ添付】

  • ※第三者行為によるけがの場合は、はけんけんぽへご連絡ください。
  • 領収書のコピー
  • 被保険者本人の住民税非課税証明書原本(以下に該当する場合のみ)
    • 前年8月診療分~当年7月診療分  
      前年度の非課税証明書
    • 当年8月診療分~翌年7月診療分
      当年度の非課税証明書
提出期限 診療月の翌月1日から2年 ただし、支払いが診療月の翌月以降となったときは、支払った日の翌日から2年
対象者 同一医療機関に支払った同一月の自己負担額が保健医療の範囲で一定額を超えた被保険者および被扶養者
お問合せ先

 給付課 03-5319-5865

送付先 在職中の方は派遣会社へご提出ください
備考 <任意継続の方の申請書送付先>
〒112-0013 東京都文京区音羽2-10-2 音羽NSビル
人材派遣健康保険組合 給付課

医療費の窓口負担を減らしたいとき

医療費の窓口負担を減らしたいとき

必要書類
対象者 1ヵ月の医療費の窓口負担が自己負担限度額を超える見込みである、70歳未満の被保険者・被扶養者
お問合せ先

 給付課 03-5319-5865

送付先 在職中の方は派遣会社へご提出ください
備考
  • 入院・外来のどちらでも利用できます。
  • 70歳以上は高齢受給者証の提示により同様の取扱いとなります。
  • 第三者行為によるけがの場合は、はけんけんぽへご連絡ください。
<任意継続の方の申請書送付先>
〒112-0013 東京都文京区音羽2-10-2 音羽NSビル
人材派遣健康保険組合 給付課
  • ※返信用封筒(郵便番号・住所・氏名を記入し切手を貼付したもの)を同封してください。

医療費の窓口負担を減らしたいとき(被保険者が住民税非課税の方)

必要書類

被保険者本人の住民税非課税証明書原本

  • 前年8月診療分~当年7月診療分  
    前年度の非課税証明書
  • 当年8月診療分~翌年7月診療分
    当年度の非課税証明書
対象者 1ヵ月の医療費の窓口負担が自己負担限度額を超える見込みである、被保険者・被扶養者
お問合せ先

 給付課 03-5319-5865

送付先 在職中の方は派遣会社へご提出ください
備考
  • 入院・外来のどちらでも利用できます。
  • 70歳以上は高齢受給者証と併せて医療機関に提示してください。
  • 第三者行為によるけがの場合は、はけんけんぽへご連絡ください。
<任意継続の方の申請書送付先>
〒112-0013 東京都文京区音羽2-10-2 音羽NSビル
人材派遣健康保険組合 給付課
  • ※返信用封筒(郵便番号・住所・氏名を記入し切手を貼付したもの)を同封してください。

 限度額適用認定証を紛失したとき

必要書類
対象者

限度額適用認定証を紛失または破損した被保険者・被扶養者

  • ※限度額適用・標準負担減額認定証の場合も同様です。
お問合せ先

 給付課 03-5319-5865

送付先 在籍中の方は派遣会社へご提出ください
備考 <任意継続の方の申請書送付先>
〒112-0013 東京都文京区音羽2-10-2 音羽NSビル
人材派遣健康保険組合 給付課

ページ先頭へ戻る

お役立ち情報