HAKEN KENPO

HAKEN KENPO

知らなきゃ損!医療費節約10ヵ条

普段、何気なく支払っている医療費(病院代)ですが、受診のしかたによっては、無駄を省き、節約することができます。
そこで、今すぐ始められる節約術をいくつかご紹介します。
家計の節約と同じように、医療費(病院代)も節約していきましょう!

まずは医療費について、簡単におさらいしましょう!

診療項目は様々

健康保険で診てもらったときの医療費は、どこの医療機関であっても国が定めた基準に基づいて計算され、そのときに受けた診療内容によって決まります。
診療の項目には初診料や再診料、検査料、入院基本料などに加え、さまざまな加算があります。

自己負担は医療費の3割

医療機関を受診する場合は、保険が適用される医療費の3割を自己負担します。残りの7割は、はけんけんぽが負担していますが、その分はみなさんの保険料で賄われています。
なお、医療費の一部には保険の適用外の診療となっているものもあり、その分は全額が自己負担となります。

病気やけがをしたとき、家の近くの医療機関(ベッド数が20床未満)に相談できるお医者さん(かかりつけ医)をもつことが医療費節約の第一歩となります。
待ち時間も短く、どんな病気でも最初に診てもらえるというメリットのほか、すぐに相談にのってくれたり、他の医療機関への転医が必要なら何科に行ったらいいか的確なアドバイスをしてくれ、また、紹介状も書いてくれます。

かかりつけ医を選ぶポイント

  • 家の近くにあること
  • どんな病気も最初に見てくれること
  • 疑問や質問に丁寧に応えてくれること
  • 必要に応じて、ほかの医療機関を紹介してくれること(紹介状を書いてくれること)

薬局もひとつにまとめましょう!

薬局についても「かかりつけ薬局」をもてば、複数の医療機関にかかったときなども、薬の重複なども防げて、無駄も減らすことができます。また、お薬手帳を活用するのもよいでしょう。

かぜをひいたり、けがをしたときなどに、最初から大きな医療機関で受診するのは考えものです。というのも、大きな医療機関(ベッド数200床以上)では、紹介状がないと初診料に「特別料金」が加算される場合があるからです。
この特別料金は、医療機関が自由に設定でき、しかも全額を自己負担となります(保険適用外です)。
特別料金の目安:1,000~5,000円程度(全額自己負担)

時間も無駄に!

さらに、大きな医療機関では3時間待ちの3分診療といわれるなど、時間も無駄にかかってしまいます。
「まずはかかりつけ医に受診」を心がけ、医療費も時間も上手に節約しましょう!

診療時間終了後や休診日に診察してもらうときは、時間外加算がついて医療費が割り増しになるのをご存知ですか?例えば、休日に診察してもらう場合(初診時)は、750円(2,500円の3割)余計にかかります。
やむを得ない場合以外は、できるだけ加算のつかない時間帯に受診しましょう!

  初診 再診
時間外加算(おおむね6~8時、18~22時、土曜日は12~22時) 850円 650円
休日加算(日曜日、祝日、年末年始) 2,500円 1,900円
深夜加算(22~6時) 4,800円 4,200円
  • ※薬局でも時間外加算があります(料金は上表と異なります)。

時間内でも加算される場合がある!

さらに診療所の場合では、早朝や夜間の時間帯では診療時間内であっても加算される場合がありますので注意が必要です。

病気やけがの治療中に、自分の判断だけで受診先を変えると「はしご受診」になる可能性があります。
お医者さんを変えるとその都度初診料がかかり、検査ももう一度最初から繰り返すなど、大きな無駄につながります。金銭的にも、身体的にも負担がかかり、安易な「転医」はけっして患者にプラスとはなりません。

まずは「かかりつけ医」に

「症状が一向に改善されない」「お医者さんが信用できない」。そうした不安・不満があれば、まずはお医者さんにきちんと相談しましょう。そのためにも、信頼できる「かかりつけ医」をもつことが大切です。

ジェネリック医薬品をご存知でしょうか?ジェネリック医薬品は特許が切れた新薬と同じ有効成分で製造された薬です。
開発費がかからない分、値段を安くできるため、ジェネリック医薬品を使用すれば、ほぼ同じ効き目で薬代を節約できる場合があります。

部分変更も可能です!

心配であれば、処方されている数種類の薬のうち、一部を変更してみることも可能です。また、「後発医薬品分割調剤料」がかかりますが、短期間、たとえば1週間分だけジェネリック医薬品を試すこともできます。

ジェネリック医薬品については、こちらもご覧ください

かんじゃさんの薬箱 http://www.generic.gr.jp/

携帯版 http://www.generic.gr.jp/m/

お医者さんの処方せんがないと使用できない医療用医薬品の成分のうち、市販薬でも使えるようになったものがあります。「スイッチOTC薬」といい、かぜ薬や、鼻炎薬、胃薬などをはじめ、最近では再発した場合に限った口唇ヘルペス治療薬なども販売されています。
薬局で処方せんがなくても購入できるため、医療費を節約できる場合があります。

全額自己負担なのでご注意を!

ただし、この場合の薬代は全額自己負担となります。症状や総合的な費用などを考慮して、お医者さんに受診して処方せんを出してもらうか、市販薬を購入するか判断することが必要です。店頭で、薬剤師にご相談ください。

医療費控除は、1世帯で1年間に支払った医療費が10万円(または年間所得の5%の少ないほう)を超えるとき、上限200万円までがあなたの課税所得額から控除され、確定申告すると税金の還付が受けられる制度です。

領収書をもらいましょう!

申告には領収書が必要です。医療機関に限らず諸費用の領収書は必ずもらって保管しておいてください。

  • ※はけんけんぽが発行する医療費通知は確定申告時の領収書の代わりにはなりませんので、ご注意ください。

控除の対象となる医療費や、手続き方法など、くわしくはこちらをご参照ください。また、最寄りの税務署にお問い合わせください。

国税庁ホームページ >> タックスアンサー >> 所得税 >> 医療費を支払ったとき
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

1ヵ月に同じ医療機関の窓口で支払う医療費が高額になると見込まれる場合は、はけんけんぽに申請してください。
事前に「限度額適用認定証」の交付を受けている場合は、その認定証と保険証を併せて提示することで、窓口での支払いを自己負担限度額にとどめることができます。

払い戻される高額療養費を計算できます

高額療養費 かんたん計算チャート

「限度額適用認定証」の申請書はこちら

「医療費が高額になったとき ■ 医療費の窓口負担を減らしたいとき」

旅先で病気にかかった場合などに保険証なしで受診すると自由診療扱いとなり 、医療費全額を支払わなければなりません。
あとで医療費の払い戻しを受けられますが、はけんけんぽでは健康保険で治療を受けた場合を想定して医療費を計算し直すため、支払った医療費が計算額よりも高くなることもあり、その場合、差額分は自己負担となります。

カード型で携帯に便利!

保険証があれば、日本全国、そこが保険医療機関であれば健康保険で治療を受けられます。はけんけんぽではカード型保険証になっているので、お財布に入れられるなど、携帯にも便利です。

1番の医療費節約術、それは「病気やけがをしないこと」です。日ごろから健康管理に気をつけましょう。
はけんけんぽが提供する「健康診断」や「健康サポート」も積極的にご活用ください。

「ホッとコール」もご利用ください!

こころとからだの不安に、専門家がお電話などでお答えする「ホッとコール」 を開設しています。お気軽にご利用ください。
「ホッとコール」

医療費の増加が、めぐりめぐって、みなさんに毎月お支払いいただいている保険料の増加につながります。
医療費節約にご協力ください。

ページ先頭へ戻る

お役立ち情報